北海道旭川市で暮らしてみたらの当サイトについてのページです。

HOME > 当サイトについて

当サイトについて

「北海道で暮らしてみたら」を読んでくださり、ありがとうございます。2014年に大阪から旭川市に移住した管理人Ritsukotaが個人運営しているwebサイトです。

北海道の暮らしを道外出身者の目線でまとめています。ブログなどは、京都に住む家族に宛てて書いているところもあるので、情報不足なところもあるかもしれません。

北海道に来てから1年半がたったころから趣味の写真撮影に没頭していきます。そして畑仕事は夏の生活の一部に。だから当サイトには写真と畑仕事そして、ときどき北海道の暮らしネタが載っています。

北海道に移住した理由と住んでみた感想と旭川市のこと

北海道旭川市に住むことになりまして、近畿(大阪や京都や和歌山)の知人たちと北海道で知り合った人たち双方から「なぜ北海道?」と聞かれます。

近畿(大阪や京都や和歌山)の知人たちに限っては「どう?北海道」「旭川市ってどこ?」という質問も多いです。

以下では、この3つの質問に答えます。

なぜ北海道?~私が北海道に移住した理由~

いちばんたくさん質問され、初対面の道民への挨拶でも欠かせない「なぜ北海道?~私が北海道に移住した理由~」。お答えします。

「初めて北海道に旅行した時に見た大雪山の雄大な自然が忘れられず、いつか北海道で暮らしたいと思っていました。40歳を前に、いまだ!と決断し、大雪山系のふもとにある旭川市に家族と引っ越しました。」

なーんてね。こんな答えをしてみたいものです。

素敵な移住者さんたちの場合

旭川市近郊に美瑛町(びえい)という町があります。丘(おか)のまちとして有名ですね。四季をとおして素晴らしい景色があちこちで見られるこの町は、数多くの写真家が移り住んでいるし、写真家でなくても全国各地からの移住者がいる町です。

そういった人たちのプロフィールというのは皆さんとても素敵なんです。あこがれの大地にいま私がいます。という移住への想いが明確で、私までキラキラした気持ちになるような。

私の場合

それに対して私の移住理由は。

夫の郷里(結婚した時から私の本籍地になった)で、夫の両親がいて、夫が帰りたいと言ったから。

すみません、全国共通の理由です(笑。このまま終わると素敵じゃないので補足します。

まず、「よく決断できたね?」という質問なら、「初めて北海道に旅行した時に見た大雪山の雄大な自然が忘れられず」と答えます。

そして、後付け理由で良いならば「いろんなものを置いて、身軽な私に返るために」「背伸びせず等身大で生きたかったから」と答えたいです。

[追記2015.12.20]この願いは、刻々と叶っているように感じます。

どう?北海道~北海道に住んでみた感想~

北海道民は北海道を好きな人が多いと聞きましたが、本州の人たちにとっても北海道はあこがれの地。住むつもりはなくても何らかの関わり合いを持ちたい場所。
「どう?北海道」とよく聞かれます。

お答えします。

いいよ、北海道。

個人的な理由

なにがいいかというと、私の場合は自分にちょうどいいところです。

旭川での経験しかわかりませんが、人々の独立心が強いことや真面目な人が多いと感じます。真面目にもかかわらず地元ルールが非常に多い(勝手に右左折レーンができるなど)ところがおもしろい。自分で考えるし責任も負うということなんでしょうか。

また歴史が浅いせいかルールも新しく臨機応変なところがめんどくさくないです。近畿はどんなに田舎でも歴史があって続いてきたことは変えづらく、現代の生活に合っていないことでも続けざるをえないことが多いと思いますが、こちらは「いいしょ」でルールが修正しやすい土壌があります。無理やウソが無くていいと思います。悪いルールがなあなあで続くところは良くないですが、総じて良いと思います。

共感されるであろう理由

北海道がいい理由はまだあります。

  • 季節のメリハリがあるところ
  • 大自然のすばらしい場所が近い
  • 食べ物が安くて新鮮で美味しい

詳細はご覧になった方のご想像どおりです。季節のメリハリはちょっとわかりにくいかもしれませんが、春と秋が1.5カ月、夏が3カ月しなかくて残り半年が冬というところから想像していただければ。

旭川ってどこ?~北海道第2の都市・旭川市について

最後に、北海道旭川市について。知られなさすぎる街をご紹介します。

  • 場所:北海道の真ん中のちょっと上ぐらい。
  • 人口:約34万人(北海道第2位、1位の札幌は約200万人)
  • 有名どころ:旭山動物園
  • そこそこ有名なこと:小説家・三浦綾子、旭川家具
  • トリビア的なこと:日本一の最低気温(氷点下41度)、玉置浩二(安全地帯)の出身地、大泉洋の祖母の家がある

旭川市は北海道内の北の流通拠点として道内各地から美味しいものが集まる場所といわれてきたそうです。特に海産物は内陸の街にしては新鮮でおいしいかもしれません。

有名な旭山動物園ですが、これは旭川動物園ではありません。また旭山市にあるのではありません。わかりますか?(笑。

かつては軍都と呼ばれ、旧ソビエトから日本を守るための防衛線でした。軍人さんが多く街も栄えていたようです。いまも市内には多くの自衛隊駐屯地があります。1年に一度、市民が敷地内に入れるお祭りがあり、3世代のなんとか式という戦車が一同に介するイベントもあります。

旭川空港という空港があります。雪国ですが就航率が非常に高く欠航便がほとんどない空港として知る人ぞ知る空港です。いまは東京と名古屋間に定期便があります。大阪便の復活を願っています。

天気の良い日は大雪山が市内から一望できます。34万人もの人が暮らす街から3000メートル近い山々が見られます。何ものにも代えがたい景色だといつも思います。

管理人プロフィール

1975年生まれ、奈良県生まれの大阪府、京都府育ち。和歌山県、大阪府をへて北海道旭川市へ。

夫とふたり暮らし。webサイト関連業を薄く広く。webライターとして自主サイトの制作・運用と受託によるweb制作、サイト管理・更新サポートなども行う。コーダーとしてSOHO勤務も。北海道にきてからは畑仕事も時々。

趣味は写真撮影。主にお散歩撮影。冬は近所で歩くスキーを楽しむ。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0