初めてのダイヤモンドダスト撮影は家の近所で。旭川で3度目となる冬ということで、油断したカメラ散歩中に冷えた指先は夜になってもまだ痛い。

HOME > ブログ > ひさびさ。氷点下15度のカメラ散歩♥

ひさびさ。氷点下15度のカメラ散歩♥

自宅の屋根から下がるツララ
初めてのダイヤモンドダスト撮影に、家の近所で挑戦しました。ただ…気温はマイナス15度以下なのに、旭川での冬が3度目だからか、防寒対策を怠りました。カメラ散歩中に冷えた指先は夜になってもまだ違和感が残っています。

ダイヤモンドダストは街中のいたるところで見られます。

自宅庭で撮影したダイヤモンドダスト
旭川に来て3回目の冬。初めて撮影したダイヤモンドダスト。物置の扉が背景のダスト(ちり)のようなダイヤモンドダスト…。でも初めてだから嬉しい^^

氷点下15度下のスズメ
スズメたちが集まっていました。すっかり丸々と肥えてますね。暖かそうだからギュって握りたくなりました。

防寒対策の怠りは冗談では済まされないことを痛感…

3日続けて快晴の朝。ようやく体調が回復し、久しぶりにカメラ散歩へ。大好きな(?)厳冬の朝。気象庁の記録では撮影していた8時台の旭川市の気温はマイナス15.9度でした。今日の散歩コースは発表気温より1-2度低いエリアなので、もうちょい寒かったかな。手袋が薄すぎて指先が軽い凍傷のようになってしまいました。反省。

橋のそばのダイヤモンドダスト
バス通りの小川に架かる橋からのダイヤモンドダスト。車が通るたびに数が増えたので、風圧で飛ばされたチリがたくさんあるのかも。

路上の汚れた氷

ところで、これは何でしょう。

路上の汚れた氷
融けた雪が車の泥よけにたまって固まったものです。ハンドルを切ったときに落ちることがあります。うちの車も今日、路上で落としてきました。

旭川の冬には、関西人の「なんやこれ」がいっぱい転がっています。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0