美しい雪の結晶。厳しい自然の北海道(旭川市)だからこそ、の写真が撮れました。厳しければ厳しいほど、今しか撮れない景色が見たくて外へ出ていきたくなります。

HOME > ブログ > 氷点下14.2度の朝は雪の結晶と遊ぶ

氷点下14.2度の朝は雪の結晶と遊ぶ

雪の結晶
美しい雪の結晶。厳しい自然の北海道(旭川市)だからこそ、の写真が撮れました。厳しければ厳しいほど、今しか撮れない景色が見たくて外へ出ていきたくなります。

自宅の庭で撮影した雪の結晶

11月下旬にまさか、という気温になりました。今朝の旭川は気象台の観測で氷点下14.2度!
氷点下14度を示す屋外温度計(2015年11月26日)

日の出以降も気温が下がり、最低気温を記録したのは午前八時でした。すごいですね。

自宅の庭で撮影した雪の結晶

道路がツルツルで怖かったので、自宅の裏庭で雪の結晶や樹氷を撮影して過ごしました。

写真「Gems made by snow~雪でできた宝石たち~」はこちら

オンコ(イチイ)の木や桜の木の樹氷、凍える紫陽花そして吊るし柿。葉こそ散っていますが、ここまで”しばれる”と自然の美しさに見惚れるばかりです。

【吊るし柿と雪の結晶]】
吊るし柿と雪の結晶

他の写真は、また後日。寒いだけじゃないってとこ、魅せ(見せ)ますね^^v

今日の撮影道具

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0