自宅近くの家庭菜園の人参と大豆、白菜、ブロッコリー、キャベツの成長記録。

HOME > 北海道の家庭菜園・野菜の育て方 > 家庭菜園Tの発芽後の人参、大豆など

家庭菜園Tの発芽後の人参、大豆など

発芽した大豆(2016年5月31日撮影)
自宅近くの家庭菜園Tでは、発芽した人参と大豆が順調に育っています。

残念ながら大豆の一部がアリの巣にやられてしまい、仕方なくアリ退治のお薬を撒きました。

晴れの日と雨の日が交互にやってきて生育は順調

観葉植物に水をやらずに放置しても平気な私。野菜を植え、育てることはできないだろうと思っていました。でも、実際にやってみると生育が気になるものですね。

毎日、朝夕に畑をチェックして水やりをしました。特に人参は発芽までは湿った状態を維持したほうが良いとの事だったので、念入りに。母を真似しつつ、自分が読んだ本などのアドバイスも見て自分なりにやっています。

大豆の発芽は4日後、昨年収穫した大豆が早かった

5月20日に種を蒔いた大豆は、5月24日には一番早いものが発芽しました。昨年、母が収穫した大豆が市販の種よりも早く発芽しました。

発芽から1週間後の大豆。順調です。
発芽した大豆(2016年5月31日撮影)

双葉の次の葉も生えてきてちょっとずつ成長している。その姿を見るのが楽しい。楽しんでいる自分にもちょっと驚いています^^

発芽した大豆の一部がアリにやられる

順調な大豆畑の一角で、アリの巣事件!発芽寸前のマメがアリにやられました。そこで急きょアリの巣対策剤を散布しました。

クスリは使いたくないのですが仕方なく。苦しみながら巣から出てくるアリが手に上ってきて、何とも言えない気持ちになりました。でも殺生するときは迷ってはいけないんですってね。難しい。
アリの巣対策剤を散布した大豆畑

白菜の苗は順調

母から苗を分けてもらって植えた白菜も順調です。植えた直後は夏日だったこともあり萎れていましたが、いまはこんなに育ちました。
白菜(2016年5月31日撮影)

5株とも成長中。虫食いが始まっています。対策すべく「えひめAI」を仕込みました。雑草のスギナもまた出てきていますね。スギナは地下茎を処理できていないのでイタチごっこです。
白菜(2016年5月31日撮影)

発芽した人参も順調♪

前日に発芽した人参。雑草と見分けられず危うく抜くところでした。
発芽した人参(2016年5月31日撮影)

朝夕にいっぱい水やりしていただけに気をもみましたが、発芽率も高め。嬉しいな。

キャベツ

キャベツ~。こちらも順調です。
キャベツ(2016年5月31日撮影)

ブロッコリー

空いたスペースに、と母が苗を分けてくれたブロッコリーも順調です。ブロッコリーは一株から何度か収穫できるらしくお得感があるとか。楽しみです。
ブロッコリー(2016年5月31日撮影)

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0