旭川でも田んぼに水が入る時期となりました。水田は長い通学生活でJRから眺めた故郷の景色。久しぶりに見たいと思いました。

HOME > ブログ > 旭川でも田んぼに水が入る時期

旭川でも田んぼに水が入る時期

水田
旭川でも田んぼに水が入る時期となりました。水田は長い通学生活でJRから眺めた故郷の景色。久しぶりに見たいと思いました。

桜と田植えが同じ時期

故郷の好きな景色の一つが水田でした。JRの電車内から見た水田。旭川でも田に水が入り田植えの準備が進んでいました。

京都府南部の農家の友人が「ゴールデンウィークといえば家族で田植え」と話していたので田植えといえばGW!ですが、旭川では京都より半月ほど遅い5月下旬ごろに田植えが行われる、のかな。

だから、田植えと桜の時期とかぶるんです。水田と桜。
桜越しに見た水田

やっぱり桜が気になって撮影

水田を見たいと車を走らせたのに、いつのまにか桜の撮影に夢中になっていました(笑。
セルフポートレート、桜の撮影
(iPhoneのセルフタイマーで自撮りしています)

両親の庭では八重桜がそろそろ満開に

エゾヤマザクラやチシマザクラから遅れること1-2週間。八重桜が咲いていました。
八重桜

そろそろ満開になろうとしています。可愛いなあ、八重桜♪
八重桜

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0