桜が咲きました。北海道旭川市で3月に。その理由は?

HOME > ブログ > 桜が咲いた、そのわけは?

桜が咲いた、そのわけは?

桜
桜、咲きました。早いでしょ。

雪がある頃に枝打ちした桜でした

両親の庭には何本かの桜の木があります。そのうち、背の高い桜の木の枝を2月中旬から下旬ごろに、父が枝打ちします。

庭に雪が積もっている時だと脚立などなくても上の枝が切れますから、楽なんだそうです。

枝打ちした桜の枝は、そのまま庭の雪にさしておき、延命。何本かは桃の節句になると花瓶に生けられるサイズにしてプレゼントしてくれます。

桜
そういえば花瓶がない、、、とジョウロにさして1週間ほど。
ストーブをたいている屋内は20度ほどと暖かいので3月なのに桜が咲く、というわけです。

旭川の桜の開花は例年5月中旬前後なので、まだ2か月も先なんです。だから3月に屋内で咲く、この桜はとても楽しみ。お父さん、いつもありがとう。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0