2016年の桜の満開の時期は、天気は風雨、体調は風邪とタイミングが合いませんでした。恨み節をうたいながら撮影した桜の写真なども撮ってみました。

HOME > ブログ > 突然の”かぜ”に満開の桜を奪われる

突然の”かぜ”に満開の桜を奪われる

桜
桜のピーク時に旭川の天気は風雨、私の調子は(夫からうつされた)風邪。今年の桜も記憶に残りそうです。

撮影の機会を逸した恨みを写真で表現!?

6日と7日は突然のかぜ、でした。風も風邪も一緒にやってきました。桜がいまこそ満開!という時に天気は雨に風、私は突然熱が出て床にふせる。

天候が回復した8日はゴールデンウィークに満開の桜を楽しめる最後の日でしたが、微妙に熱が残り自宅待機の決断。楽しみにしていた所属クラブの春の撮影会があったんですよ。

で、悔しくて庭で撮影した桜たちがこちら。風が弱い地域として知られる旭川に、よりによってこのタイミングで強風が吹くかね、という恨み節も歌いながら一人撮影会をしました(笑い。

地面に散った桜
地面に散った桜、その1。

地面に散った桜
地面に散った桜、その2。

地面に散った桜
地面に散った桜、その3。

撮りながら、こういうネガティブな感情を写真にするのも面白いなあと思い、気分は回復していきました(笑。恨みを写真で、といいつつ、おどろおどろしい画でもなく、むしろ可愛らしい恨みですね。気が弱いわ。

さあ、青空と桜ですよ♪

見上げると快晴の空。5日に曇天で撮影して気に入っていた構図で、二度目の正直!

窓に映った青空と桜
両親の桜を窓に写してみました。北海道は庭に桜の木が植わっている家が多く無理せず花見や撮影会ができて贅沢です^^

おばあちゃんの千島桜
2016年の桜が開花しましたで紹介したおばあちゃんの千島桜も見事に咲いていました。

ちなみに風邪は最初の引き始めの3日間に徹底的に休んだので後を引かずに治りそうです。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0