北海道の海にしか生息しないシシャモ。20尾ほどの北海道産シシャモの一夜干しは5000円ほどで売られている。そんな貴重なシシャモも北海道で暮らすとググッと身近な魚になるのです。

HOME > ブログ > 北海道の生シシャモをフライで食べた

北海道の生シシャモをフライで食べた

北海道の海にしか生息しないシシャモ。20尾ほどの北海道産シシャモの一夜干しは5000円ほどで売られている。そんな貴重なシシャモも北海道で暮らすとググッと身近な魚になるのです。

スーパーで生シシャモが売っている

きっと10月中旬ごろにはシシャモ漁が解禁されているのだろう。スーパーで生シシャモが売っていました。10尾ほど入って548円ぐらいでした。高級魚!でも、生のシシャモを初めて見ましたs、そもそもシシャモは好物なので、迷わず買いました。

生シシャモたち。美味しそうな色つやですなあ。きっと臭みはないぞ、と期待大。
生シシャモ

「おにぎりあたためますか(HTB)」で、むかわ町でシシャモを食べつくす回があったんですよね。シシャモ鍋やシシャモご飯といった考えたこともなかったシシャモ料理を見ながら、シシャモってよほど臭みがない魚なんだと想像していたんです。

頭からしっぽまで食べられる天ぷらorフライ

どう料理しようか迷いましたが、シシャモを頭から余さず食べるには天ぷらかフライということだったので、(我が家はてんぷらは控えているため)フライにしました。
生シシャモのフライ
(オーブンで揚げないフライにします)。

このシシャモ、ほとんどメスでした。子持ちシシャモ。いい香りで上品な味でした。ちょっと塩をすればよかったかな。
生シシャモのフライ

北海道むかわ町「鵡川ししゃも」

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0