夕張のシューパロダムに沈んだはずの旧白銀橋。渇水で姿を見せていました。

HOME > ブログ > シューパロダムに眠る橋ー旧白銀橋-

シューパロダムに眠る橋ー旧白銀橋-

シューパロダムの渇水で姿を見せた旧白銀橋
夕張のシューパロダムに沈んだはずの旧白銀橋。渇水で姿を見せていました。

ダムに沈んだ橋は、沈む前の姿を知らないけれど、不気味なぐらいにきっとそのままの姿なんだろう。立ち枯れてとつぜんの不幸に全身が白髪になってしまったかのような木々の白と同じ色をしていた。

傾きだした日をうけて白い肌を輝かせる旧白銀橋と木々。スローシャッターで写し留めた姿はまるで雪をまとっているように美しく見えるかもしれない。

だけど私にはもはやどちらも自然のものではなく、見てはいけないものを見てしまったような、心が答えを見つけられないような景色にしか見えなかった。

シューパロダムの渇水で姿を見せた立木
立ち枯れた木々は、ダムに沈んだときから、そしてこれからもカタチあるかぎり、そこから動けないんだろうけれど、私の目には、こちらに向かって歩き出すような、こちらを見ているような姿に見えた。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA