秋大根(秋に収穫する大根)を種から育て収穫する方法です。7月下旬から8月上旬に植えて初雪前後までに収穫します。

HOME > 北海道の家庭菜園・野菜の育て方 > 秋大根の育て方

秋大根の育て方

秋大根の種まき

秋大根とは秋に収穫する大根のこと。北海道1年目にも育てたので、記事を書いている今年は2年目となります。昨年教わった種まきの手順をさっぱり忘れていたのでメモします。農法として正しいかはわかりません。両親に教わって実際にやったことです。

秋大根の種まきの時期
7月下旬から8月上旬

※種まきが1日遅れると収穫は5日遅れると言われる

秋大根の種まきに用意するもの
  • 種(安い種は発芽率が悪い。良い種を買う)
  • 肥料
  • 根腐れ防止剤
  • 新芽を虫から守る薬

秋大根の栽培順序

  1. 土つくり(堆肥と石灰を適量まいて耕す。毎年父がやる。2週間ぐらい前までに?)
  2. 直径10センチ、深さ5~10センチほどの穴を掘り、肥料を漉き込む。10cm間隔。穴のすぐ隣に穴というかんじ。
  3. 穴を深さ1cmほどまで埋め、根腐れ防止剤と種を置く

    ※1年目は3つずつまいたが、2年目は1つずつまき、発芽しなかったところに再度種をまくことに

  4. 種にうっすら土を被せ、スコップなどで軽く抑える

    ※土を被せすぎると発芽しない。種が露出すると枯れる。雨が降っても種が地表に出ない程度が理想。

  5. 発芽したら、新芽を虫から守る薬を新芽にかける

    秋大根の双葉秋大根の双葉に虫よけ剤をまいている

    ※早いものは3日後に発芽。薬のかけ方は、袋にした手拭いに薬を入れ棒でトントントン。薬が双葉にかかるように。

  6. (種を複数個まいた場合)1本を残し他の芽を摘む
  7. 寄せ土と追肥をする

秋大根スケジュールカレンダー

作業名|作業年 2014年 2015年
土つくり -(不明) 7月上旬
種まき 8月2日(土)20個×3列 8月1日(土)20個×2列
8月4日(火)20個×2列
追肥・土寄せ -(不明) -(不明)
収穫 10月12日(日)
10月20日(月)20本
9月30日(水)10本
10月10日(土)10本
10月17日(土)12本
10月25日(日)18本
10月27日(火)26本
11月3日(火・祝)20本

秋大根の育ち具合

発芽した秋大根
発芽した秋大根(2015年8月4日撮影)。

秋大根の成長途中
秋大根の成長 2014年9月14日現在

二股に分かれてしまった大根
二股に分かれてしまった大根(2014年10月20日収穫時)。土が粘土質、石がのこっているなどが原因と思います。

秋大根の収穫

収穫の話は1年目の経験から。

  • 頑丈で大きな袋を何枚か
  • 一輪車
    ダイコン畑と収穫用一輪車
    ダイコン畑と収穫用一輪車(2014年10月20日撮影)。収穫する大根が10本以上ともなると一輪車があると助かる。
  • (自宅まわりで)大根を洗うための桶やバケツと水

大根の抜き方?葉っぱの根っこを両手でつかんで、腰を入れて引っこ抜く。

秋大根の収穫写真
秋大根の収穫 2014年10月14日

立派な大根がたくさん収穫できました。高級な種を使ったからだそうです。この種は2年目も共同購入して(一袋を皆で分けて)使いました。

収穫した大根の始末

  1. 葉を落とす(大根本体の上部から)

    収穫した大根

  2. 大根を洗う(きれいな水のほうがベター)

    収穫して洗っている大根

    ※ゴム手袋と中に毛糸の手袋をするとかなり楽。

  3. 大根を乾かす

    大根を乾かす

  4. 大根を1本ずつラップでピッチリと包む

    長期保存のためにラップで包んだ大根

大根を収穫したら、まず葉を落とします。葉の根っこではなく、大根本体の上部から。葉がのこっているとそこから養分が奪われていくそうです。

次に大根を洗います。大根は土を嫌うので、長期保存のために水で泥をきれいに洗い流します。1年目は少々泥がのこったままで終わりましたが、地下の室(むろ)で保存した大根の皮にカビが広がったので、2年目はキレイに洗い上げたいと思っています。

洗った大根の表面を乾かす作業は多少時間がかかります。10月中旬の旭川の日の入りは16時45分前後なので、収穫は午前中に終え、遅くても昼過ぎには大根を洗い上げ干しはじめたいですね。夕方に洗うと手がかじかんで痛いというのもあるので。

参考にしている家庭菜園の本

北海道を基準とした育て方が書かれているので、北海道で家庭菜園をする場合にわかりやすいです。イラストや写真も多くて読みやすく、病害虫といったトラブルの対応も載っているのでこれ一冊を読み込むことで基本的な家庭菜園の方法が学べます。

★このページをシェア
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0