2018年夏はJRの青春18きっぷで岩見沢駅・旭川駅間を5回往復した。岩見沢駅・旭川駅間は、岩見沢を起点とする乗り換えなしの普通列車が便利な時間帯に走っていて、使いやすかった。

HOME > ブログ > JR 青春18きっぷで旭川ー岩見沢間を往復した2018夏

JR 青春18きっぷで旭川ー岩見沢間を往復した2018夏

青春18きっぷ 2018年夏使用
2018年夏はJRの青春18きっぷで岩見沢駅・旭川駅間を5往復した。

乗り換えなしで1時間半!札幌-旭川間は乗り換え必須。

青春18きっぷはJRが年4回発売している期間限定の切符。原則として普通列車(急行・快速含む)にしか乗れないが、京都や大阪に住んでいた頃は、夏休みの家族旅行~海水浴~四国旅など、何度も利用した。

しかし、北海道で青春18きっぷを買ったのは今年が初めて。5年間利用しなかったのは、北海道では普通列車の本数が少なく1日で往復できる旅が限られているからだ。

岩見沢駅・旭川駅間の利用だとお得度は低いが片道1,185円で通いやすい金額になる

岩見沢駅・旭川駅間を5往復しただけという18きっぷの使い方は、贅沢な使い方だったと思う。岩見沢・旭川間の普通列車の運賃は往復3,680円。18きっぷの1回分の料金は2,370円だから、1,310円しかお得になってない。

それでも、片道1,000円ちょっとなら(2,000円弱の通常運賃よりも)旭川がずいぶん近く感じられて、いい使い方だったと思う。

JR北海道 函館本線 滝川駅
<JR北海道 函館本線 滝川駅>

約100kmの道のり。車で高速を走って1時間以上かかる(冬はもっとかかる)。普通列車は特急より30-40分長くかかるけれど、自宅から旭川駅まで最速1時間40分というのは悪くない。旭川駅近辺での用事なら駐車場代がかからないし、飲酒も我慢しなくてよい。岩見沢駅は終点だから特急のように乗りすごしを心配することなく、安心して寝て帰れるというオマケつき(笑。

梅屋のしゅうくりーむと北海道限定ミルクコーヒー
<帰路のお供>
旭川駅北口すぐにある、キオスクで購入した「梅屋のしゅうくりーむ」と「北海道限定ミルクコーヒー」。一人で食べきるには甘すぎた・・・

列車のダイヤは限られているものの、岩見沢を起点として旭川を往復する列車は、乗り換え無しで1時間半程度で行ける便が朝6時と7時・昼まえの11時発と便利な時間帯で使いやすかった。

2018年9月1日のJR北海道 岩見沢ー旭川間 普通列車時刻表12018年9月1日のJR北海道 岩見沢ー旭川間 普通列車時刻表2
※クリックで大きな画像を表示

帰りの列車も旭川発17時台、20時台と本数は少なすぎるが時間帯はよく使いやすかった。

JR北海道 函館本線 豊沼駅
<JR北海道 函館本線 豊沼駅>

残念ながら、札幌ー旭川間には直通の普通列車はなく、岩見沢乗り換えになるようだった。

★このページをシェア
Share on Facebook
Facebook
0Share on Google+
Google+
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください