冬の仕度をしながら、長く続く暖かい秋に誘われて、カメラ散歩を再開しました。

HOME > ブログ > 冬タイヤを履きつつ、秋はゆっくり

冬タイヤを履きつつ、秋はゆっくり


冬の仕度をしながら、長く続く暖かい秋に誘われて、カメラ散歩を再開。

エゾリス、紅葉と秋刀魚の小言

ようやく静かな日常に戻った。写真に関しては、今月前半に北海道フォトフェスタとGRmeet銭函に出席し、旭川写真連盟展に出品して一段落ついた。

なにをどう撮っていけば、と立ち尽くすく感覚の日々ではあるが、またカメラをぶら下げて歩き出した。

20191014 エゾリス
10月といえば旭川では一旦雪が降るような季節。先週は一気に冷え込んだ日もあり暖房も点ける日が増えていた。車は冬タイヤに履き替えたし、準備万端!久しぶりに見たエゾリスも忙しそうに餌を集めていた。


と思ったら、今週になって季節は足踏み。かなり暖かい。天気も良くまだ2-3日は秋晴れが続くようだ。


北海道では今年もサンマが不漁である。毎年、1尾100円ぐらいからスーパーに出始めて、それが旭川だと50円ぐらいまで下がる。脂ののった秋刀魚の塩焼き!安く買えたら塩麴漬けにして冷凍保存で冬に食べるのが楽しみなのに、、、。今年は脂ののらないか細い秋刀魚しか見ていない。

いつまでも同じではないのだと、食卓からも学ぶのだ。

★このページをシェア
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください