雨が続いたのちの晴れの朝、青空に映えるイチョウ。陽の光が気持ちよさそうだったな。

HOME > ブログ > 2018年の冬はまだ。秋をもう一度楽しめています。

2018年の冬はまだ。秋をもう一度楽しめています。

岩見沢の秋(イチョウ)
雨が続いたのちの晴れの朝、青空に映えるイチョウ。陽の光が気持ちよさそうだったな。

3週間ほど前に、初雪を知らせる虫「ユキムシ」を見て月末までに初雪が降ると覚悟していたのに、降らなかった。北海道内の観測所で10月に初雪を観測しなかったのは20年ぶりなんだとか。

私はというと、寒さと疲れで久しぶりに”あくち”を再発。これ、方言?口唇ヘルペス。風邪の前兆だから、この週末に温かい秋が戻ってきて助かった。

心地よい陽の光に誘われて疲れを忘れて二日で14キロぐらい歩いた(笑。

岩見沢の秋(銀杏)
誰かが拾い集めてベンチに置いた銀杏。今年は木の実は凶作らしいけれど、銀杏は豊作と聞いた。

岩見沢の秋(紅葉)
岩見沢神社の一角。ここでは旭川ではあまり見なかった小さな葉のモミジが見られた。京都でよく見たモミジと重なって見えた。

岩見沢の秋(エゾリス)
ひさしぶりにエゾリスを見た。この日はいっぱい見た。耳毛が生えて冬支度。小さな子だが無事に冬を越して欲しいな。

★このページをシェア
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin